夏キャンプの暑さ対策の基本的な話。スクリーンタープとかを買う以前に日用品で対策。

夏はキャンプの季節だけど、とにかく暑い・・・

 

夏はアウトドア・キャンプの季節ですが非常に暑いですので、快適に過ごすには工夫が必要です。

もちろんスクリーンタープなどの快適・便利グッズを使うのは良いのですけど、それ以前の基本的な暑さ対策として押さえておくべきこともあると思います。

この記事では、日用品で簡単に出来る暑さ対策の基本や、忘れがちになってる必需品などについてまとめました。

 

まとめて見て思ったんだけど、ごくごく日常的な夏バテ対策みたいな内容になっちゃった笑

 

【ポイント①】暑くないキャンプ場を選ぶ。日陰にテント設営して日差しを避ける。ただし、高山は逆に寒いので注意。

 

夏のキャンプ場はとにかく暑くないキャンプ場を選ぶのが大事です。標高が高い場所にあったり、風がある場所の方が体感的に圧倒的に涼しくなります。

基本的に100m高くなるごとに0.6℃温度が下がるらしいです。

あまりに高い場所で、登山に近いようなアウトドアになる場合は、逆に寒すぎて防寒具が必要になる場合もあるので注意です。

ただ、ずっと寒いわけでもなく、すごく暑かったりすごく寒かったり安定しない感じになるので、服装やシュラフの準備が非常に難しいです・・・。

 

また、同じキャンプ場でもテントを立てる位置でだいぶ体感温度が変わります。

木陰などの直射日光が当たりにくい場所に陣取ると良いと思います(なかなかいい場所が空いてなかったりしますけど)。

標高が高い位置にある涼しいキャンプ場で、日陰を確保できそうな場所をキャンプ場に選ぶと良いです。

夜に暑い場合はやっぱりスクリーンタープは便利なのは間違いないです。涼しいに虫も防げる。虫は嫌!

 

 

 

【ポイント②】熱中症の防止には単純な暑さだけでなく、水分補給が重要。汗のかきすぎに注意。

 

暑さの対策も大事なんですけど、熱中症を防ぐためには水分補給が大事。飲料はたくさん持っていこう。

 

また、汗をかくと涼しくなるのですけど、かきすぎには注意。

人が汗をかくのは、上昇し過ぎた体温を平常な状態に下げる事なんですが、この時に汗をかいて汗が空気中に蒸発する時に身体の表面の体温を奪って行く現象を利用して、人体は身体の熱の温度を下げているのです。

この、汗をかいて汗を蒸発させて体温を下げると言う行動は実は同時に2種類の行動をしている事になっているので、それで身体には疲労が蓄積されてしまうそうなのです。

また、汗の中には身体に含まれているミネラル成分も流出してしまう事から、熱中症対策には塩を~特に海の塩を~と叫ばれているのです。

熱中症はこの、かいた汗がなかなか蒸発しにくい環境に居続けたり、体温が上昇し続けてしまった状態になると発症しやすいので、更に汗をかいたり暑さで参って夏バテ症状が加速する事も考えられるでしょう。

 

塩キャラメルとか塩トマト(ドライフルーツ)を一緒に持って、食べながら水分飲めばベター。

甘くて美味しい塩トマトがオススメだよ。

ヘッダー画像

 

 

【ポイント③】快適に寝るには、保冷剤を脇の下に挟むと良いです。

 

夏の熱帯夜では、テント内もムッ暑さが充満。もう、暑くて寝られないと言うのもありましたが、何より寝汗が酷くてベタベタになるのです。

普段の生活で使っている保冷剤をクーラーボックスに入れていって、保冷剤を脇の下に挟んで寝るのもオススメです。

もともと、仕事中に暑いな~って思って、試した方法なんですけど、キャンプ場でも役に立ちました。

 

保冷剤を薄手のタオルで包んで脇の下に挟んで昼寝をしたら、結構イイ感じで眠れるんじゃないか?と思ったら、案の定!凄く安らかに睡眠することが出来ましたね!

左の脇の下に挟むことで、近くにある心臓から送られてきた血液が即座に冷やされて身体の隅々に送られて行く事から、身体全体がゆっくりと冷やされてそれで睡眠がはかどると言う寸法です。

これなら熱中症も回避できてしかもじっくりと睡眠時間を摂ることが出来るので、寝苦しい夜に最適!

 

 

 

【ポイント④】日焼け止めを何度も塗り直すのが面倒な人は、ウォータープルーフの日焼け止めにすると良い。

 

夏のアウトドアの日焼け対策は曲者です。

どうしても日焼けをしたくなくて日焼け止めをベットリ塗っている人は多いと思いますが、実際の所は汗で結構流れてしまっている事に気付いていないかも知れません。

 

汗はゴシゴシ拭わないでハンカチで押さえる様に拭いている~と言っている人も多いのですが、その押さえている時に!塗った日焼け止めの成分も一緒に拭き取ってしまっているのです。

それに気づかずに日焼け止めの有効時間だから大丈夫!と言って塗り直さないでいると、いつの間にか顔の一部分だけが日焼けしている?状態になっていた事もあるのです。

出来れば、汗を拭いた時に一緒に日焼け止めも塗り直してみて欲しいのですが、汗だく状態が続いている場合だと汗で新しく日焼け止めを塗るのが結構困難だったりするので要注意ですね。

 

こんな時は、朝一番最初に塗る日焼け止めをウォータープルーフタイプにすると、こまめに塗り直さなくても良いかも知れません。

と言うのも、ウォータープルーフと言うタイプは元々汗や水に強いようになっていて、プールや海に入っても落ちない様な仕様になっている事から、汗をかいても落ちにくいと言う特徴があるのです。

普通の日焼け止めは汗をかくと汗に溶けだして流れてしまう事が多いのですが、ウォータープルーフの日焼け止めならそれが無いので、こまめに塗り直す手間も省けるのです。

 

ただ、落とすときには普通の石鹸では落としにくいので、出来ればクレンジングオイルでしっかりと落して欲しいですね。

特にウォータープルーフの日焼け止めは、肌に密着して落ちにくい様に作られているので、洗い残しがあったりすると毛穴を詰まらせて肌荒れの原因になりやすいのです。

また、普段からあまり肌が丈夫ではないと言う人は、ウォータープルーフタイプを付ける前に顔じゃない別の肌に塗って、肌の状態を確かめてから塗り始めると良いかも知れません。

 

とにかく、日焼けをしないコツは日焼け止めがしっかり塗れているのか?と言う事に尽きると思うので、ウォータープルーフでもそうでない日焼け止めでも塗り斑の無いようにしっかり塗って欲しいと思います。

それと、日焼け止めを塗るのは女性だけだと思い込んでいる男性が多いのですが、日焼けをしたくなかったら男性も塗っていいと言うか塗った方がイイと思うので、是非お近くのドラッグストアなどで色々探してみてください。

 

 

まだ書くことあった気がするけど忘れたから思い出したら追記するね