キャンプ用品・ギアなどの道具は買った方がいいのか?レンタルの方がよいのか?格安でレンタルできるのはどこ?。

キャンプ道具をレンタルで安く済ませたい?

 

これからキャンプを始めたいと思っているアナタ!

「まずはキャンプギア揃えよう」ってネットで検索してみたら、キャンプ用品が高くてビックリした?

ぶっちゃけ高いよね……

 

でも、最近はレンタルでキャンプ道具をそろえる人も多いんです。

特に初心者やお試しでキャンプしてみたい人にしてみると、キャンプ用品一式をイチから全部買いそろえるのはかなりハードルが高いと思います。それに大型テントやタープやチェアなどは場所も取るんですよね。狭い都内のマンション・アパートだとキャンプギアを保管するのも大変。

一方でずっと長く使うならば、毎回レンタルするよりも買った方がよい場合もあります。愛着も沸きますし、こだわりのギアはやっぱり手元に置きたい…。

 

この記事ではレンタルのメリット・デメリットと、おすすめのレンタル業者についてまとめました。

 

「①購入する」「②キャンプ場でレンタルする」「③レンタルサービスを使う」のどれが良いか?それぞれの特徴とメリット・デメリット。

ヘッダー画像

 

キャンプ道具の調達方法として、基本的に「①購入する」「②キャンプ場でレンタルする」「③レンタルサービスを使う」の3つの選択肢があります。私の主観的な感想も含まれてますけど、それぞれのメリットデメリットを整理してみました。

 

「①購入する」場合のメリット・デメリット

〇自分のこだわりのキャンプギアを長く使えるので、真のキャンプ好きは買い一択

×キャンプ用品はとにかく高いので、全部買うと費用がかさむ

×そんなに頻繁にキャンプしないなら割高になる可能性も

×自分で備品のメンテナンスが必要

×キャンプ用品を格納する場所を家に用意する必要がある

×キャンプに行く際にはキャンプ用品を持ち運ぶ必要がある

 

「②キャンプ場でレンタルする」場合のメリット・デメリット

〇初心者でも手軽にキャンプを楽しめる

〇キャンプ用品を家から持ち運ぶ必要がない(手ぶらキャンプ)

〇キャンプ用品を格納する場所を家に用意する必要なし

〇自分で備品のメンテナンスは不要

×大きめの有料キャンプ場でないとレンタル自体やってない(あっても一部の備品のみだったり)

×キャンプ場のキャンプ用品はメンテナンスが行き届いてなかったり汚い場合がある

×足元を見てるのか割とレンタル料が高い場合がある(良心的なところはそんなに高くない)

×何度も繰り返しキャンプに行くなら買った方が割安

 

「③レンタルサービスを使う」場合のメリット・デメリット

〇初心者でも手軽にキャンプを楽しめる

〇しっかりメンテナンスされたキレイなキャンプ用品を使える

〇キャンプ用品を格納する場所を家に用意する必要なし(前日とかに届くので玄関に積めばOK)

〇自分で備品のメンテナンスは不要(使った後は掃除とかせずにそのまま返送すればいいだけ)

×キャンプに行く際にはキャンプ用品を持ち運ぶ必要がある

×送料がかかるので送料込みだとレンタル料が高くなる場合がある

×キャンプ用品が揃ってる優良レンタルサービスは少ない(後述で紹介します)

×何度も繰り返しキャンプに行くなら買った方が割安

 

個人的には「①購入する」の一択なんだけどね笑

運ぶといっても車で行けば苦にならないし、何より愛用ギアを揃えること自体が趣味化してるから…。

私の場合はレンタルする場合も、気になってるけど簡単に買えない高い商品とかを、お試しする目的で単品レンタルすることがほとんど。基本は買う。

 

それでもライトなキャンプファンにはやっぱりレンタルなのかな。初心者の人は大枚はたくより最初は絶対レンタルした方がいい。割と「数回行ったら飽きちゃう人」とか「多くても年1~2回しかキャンプしない人」が主流だと思うので。

 

レンタルするなら「③レンタルサービスを使う」がオススメかな。

事前にキレイなキャンプ用品を一式そろえることが出来る安心感は大きい。「②キャンプ場でレンタルする」の場合、実際に行ってみた後に必要なものが借りられないトラブルにあったりするし、本当に汚いキャンプ用品だったりすることがあるし、レンタルサービスのあるキャンプ場を選ぶ必要があるから選択肢が限られちゃうからね。

せっかくのキャンプだからこそ、不安なしで楽しみたいよね。

 

おすすめのキャンプ用品レンタルサービス3選。レンタル時の注意点は?

 

「レンタルサービスってどこがいいの?」って人のために、おすすめのレンタルサービスもまとめたよ。

実はキャンプ用品のレンタルサービスって割と少ない。しかもちゃんとメンテナンスしてるキレイなギアを貸してくれるところは、さらに少ない。厳選の3サービスをまとめたよ。

なお、レンタルする際の注意点は「送料の確認」「価格とセット内容」「弁償が発生する程度と保険加入の有無」。とくに弁償が発生するケースは要チェックだよ。基本的に明らかに不注意で破損させてしまった場合以外は大丈夫だけど、「テント内で喫煙するとクリーニング代2万円」となってるサービスなどもあるので、基準を良くチェックしておくこと(喫煙者要注意)。

 

①アウトドアギアレンタルショップ【そらのした】

商品画像

【引用元】:そらのした https://www.soranoshita.net/

 

コスパが良くて商品数が豊富な良レンタルサービス。

一式借りられるキャンプセットの種類が豊富なので、初心者の人はセットでレンタルするのがオススメ。キャンプギアだけでなく、バーベキュー・スノボ/スキー用品・登山用品など種類豊富。

「キレイなメンテナンス商品」「使ってそのまま返却OK」「全国宅配可」で使い勝手良し。

店舗受け取り・返却も出来る。店舗は富士山近辺に密集しているので、そのあたりでキャンプする場合は店舗利用も良いかも。

あと、ここのレンタルショップのブログが割と情報豊富なので結構読んでます笑。

 

キャンプ用品レンタルなら「そらのした」

 

 

②キャンプ用品のレンタルショップ「キャンプデイズ」

商品画像

【引用元】:キャンプデイズ https://campdays.jp/

 

キャンプ用品メインで、質の高い商品を扱うレンタルサービス。

こちらもキャンプセット一式が用意されていて、グランピングセット・コンフォータブルセットなどの高級志向のレンタル品もある。レンタル料は安いところに比べると高めだが、5000円以上で往復配送料無料になるのでトータルで見ると高くない。もちろん全国配送対応(北海道・沖縄県及び離島を除く)

 

[全国配送]キャンプ用品の宅配レンタルショップ【CAMPDAYS】

 

 

③キャンプ用品レンタル「Rencamp(レンキャンプ)」

商品画像

【引用元】:Rencamp https://teburacamp.com/

 

セット商品の選べるテントが少なめだけど、割と色々と取り揃えているレンタルショップ。

キャンプ送迎などの異色のサービスもあって面白い。手ぶらキャンプを推していて、本当に全部おまかせしちゃいたい人にはいいのかも。

 

キャンプ用品レンタル「Rencamp(レンキャンプ)」

 

 

レンタルはビギナーキャンパーの味方だね。